慢性腰痛の5の原因

福辻式腰痛改善ストレッチの画像

慢性腰痛の5の原因

5の原因
ストレス
疲労
血流の悪さ
腰に負担をかけ過ぎている
加齢

 

 

慢性腰痛解消の第一歩はストレス解消から
現代人が悩まされている、慢性腰痛の原因はストレスがひとつにあると考えられています。日常的にストレスを感じていると、ドーパミンシステムが崩れ機能しなくなります。ドーパミンとは、痛みを抑制する脳内から分泌される物質です。これにより、痛みが軽減されなくなります。その痛みがストレスを増幅させ、ドーパミンのさらなる減少の原因となります。こうした悪循環を解消させるためにはストレス解消が欠かせません。

 

 

疲労による慢性腰痛について
慢性腰痛の原因は疲労ともいえます。長時間同じ姿勢を取り続けると疲労が溜まった状態になり、筋肉の血行不良が起こりやすくなってしまい筋肉がこわばり痛みが生じます。対策方法としては、生活習慣の見直しなどが有効です。

 

 

血流の悪さと慢性腰痛の関係
慢性腰痛の理由は血流の悪さと考えられます。慢性腰痛は、慢性的に腰の痛みを感じるようになります。長時間同じ姿勢を取るなどの原因で全身の血流は悪化してしまいます。その結果、筋肉がこわばってしまい痛みとなります。

 

 

生活習慣が腰に負担をかけ過ぎている
腰痛は老若男女を問わず多くの人を悩ませています。その80%は原因不明です。その中でも、原因は判断が困難となっています。しかし、人間の背骨はS字状となっており、中腰は通常の姿勢に比べ3〜4倍の負担を腰に与えます。そして、長時間の座位も慢性腰痛の原因とされています。人間の身体構造に加え、生活習慣が腰に負担をかけ過ぎている結果になっています。

 

 

加齢
様々な原因によって引き起こされる慢性腰痛の原因は加齢であることがほとんどです。 しかし加齢であるから諦める必要はなく、筋力をつけることで改善される場合があります。 ただし運動の習慣のない人が急に運動をすると逆効果になることがあるので無理のないことから始めます。

 

 

慢性腰痛の治し方は世の中にいろいろありますが、そのひとつとして挙げられるのが福辻式腰痛革命プログラムです。これは腰痛改善ストレッチで対処するというものです。腰痛やそれに関わる様々な症状を根本から改善することを目指しています。